静聴の時間

ホーム > 本校の特徴 > 社会性を養う授業 > 静聴の時間

toppage

「聴く、考える、まとめる、伝える」

週に1回、10分程度の詩を聴き、自分の考えたこと、感じたことを文章にまとめる時間です。
人の話をきく力と、自分の話を相手に伝える力をつけます。

講師の方によるお話

静聴の時間のまとめ!

年度末になると、静聴の時間総まとめとして、講師の方をおよびして特別講演会を行います。
過去の事例として、平本弥星先生をお招きし、「日本文化と囲碁」という内容で特別講演会を実施しました。
囲碁をまったく知らない生徒も興味津々に聴いていました!

生徒の声

いつも賑やかなクラスの雰囲気が静かになる時間。
静聴の時間は、いつも賑やかなクラスの雰囲気が静かになる時間です。詩を聴くために全員が集中しているのが伝わってきます。
しかし途中からは慣れたせいか、書くのが面倒くさいと思ったこともありますが、それでも3年間続けた結果、人の話をしっかり聞けるようになり、自分の考えを書くときも苦労せずにかけるようになりました。静聴の時間があってよかったと思います。